産婦人科看護師トップ > 産婦人科の看護師を辞めたい時

産婦人科の看護師を辞めたい時

産婦人科の看護師が辞めたいと思う時というのは、患者の方からクレームが多く寄せられた時も考えられます。数ある診療科の中でも、産婦人科の診察内容はとてもデリケートです。そういったこともあり、患者の方からクレームを寄せられることも少なくありません。産婦人科というと出産をされる方が多くいます。その出産に対して、この様に出産したいという理想などを持っている方も少なくありません。よって、僅かでも満足できない面があったとしたら、看護師にクレームを言う患者の方もいるのです。そして、自身の赤ちゃんが気がかりであることから、患者の方やそのご家族から不条理な要求をされることもあります。看護師側に非があるわけでもなく不条理なクレームを寄せられると看護師にも心の負担となってしまうでしょう。

もしクレームが多いことで悩み、産婦人科を辞めたいと思ったなら、これまでに受けたクレームを箇条書きにして書き出してみることも一案です。そうすることで、自身で対処ができることや病院側が取り扱うべきもの、不条理なクレームと言えるものなどがわかってくるでしょう。病院側が取り扱うべきクレームは、看護師長に相談をすることが望ましいです。そして、不条理なクレームについては周りの同僚や上司などに助けてもらうことも大事です。

また、産婦人科では助産師の方も働いています。助産師も、看護師と同じ看護職ではあります。職種は異なるものの助け合って仕事をしていく必要があるのです。しかし、助産師の方の中には看護師の方を下に見る傾向にある方もいます。そういったことから、助産師の方が上から物を言うような態度や、馬鹿にする態度をとることなどもあります。そういったことも、産婦人科の看護師が辞めたいと思う例なのです。

助産師の方と上手くいかない場合には、看護師長に相談をすることがポイントです。上から物事を話してくるなど、ありのままを話すようにしましょう。悪口になり、あなたの立場を悪くしないために、事実だけを伝えるようにすることが重要です。そして、助産師との関係を良いものに変えていくための方法を看護師長と相談をすることが適しています。職場の環境を改善していくことも、看護師長にとっては大事な仕事でもあるので、臆することなく相談をしましょう。さらに、心の中に助産師に憧れを抱いているのならば、あなたが助産師を目指すのはいかがでしょうか。助産師資格取得支援制度がある可能性がありますので、資格も取りやすいと言えます。

看護師求人@産婦人科に強い転職エージェントランキング

ナースフル



>>産婦人科の看護師として転職したい!最新転職エージェントランキングの2位以降を見る<<