産婦人科看護師トップ > 産婦人科看護師に関する資格

産婦人科看護師に関する資格


看護師として産婦人科に勤務する場合は、特別に取得しなければならない資格は存在しません。不妊症看護認定看護師や母性看護専門看護師・助産師の資格があれば優遇されるようなイメージもありますが、それはあくまでもイメージ過ぎません。助産師は看護師とは別に求人募集されることが多く、看護師であれば誰でも産婦人科で働くことは可能です。

総合病院や大学病院では高齢出産や妊娠高血圧症候群・多胎妊娠・母体感染症などでハイリスクな妊婦さんも多く、産婦人科領域において専門的な知識が問われるような気もしますが、それは実際に転職してから現場経験を踏めば良いので問題ありません。認定看護師や専門看護師の資格においても働きながら学ぶことはできます。

正常な妊娠で普通分娩になる場合は、助産師である方が直接妊婦さんの出産をサポートすることができますが、普通分娩以外に医師の診察や処置が必要とされる場合は助産師も看護師も関係ありません。医師の指示の元に介助にあたるので、産婦人科だから助産師でなければならないということはないのです。

確かに産婦人科に助産師は必要不可欠なのかもしれませんが、産婦人科に勤務する看護師全員が助産師の資格を取得しているわけではないし、助産師が不足していたとしても産婦人科医が常駐していれば産科医療には支障がないので、求人募集においては助産師に限定して募集している方が少ないでしょう。助産師に限定してしまうと応募者を募ることが難しくなる場合もあるので、募集条件の資格欄には看護師資格だけ記載されている場合がほとんどです。

産婦人科に助産師が常駐していることはイメージアップになりますが、必ずしも助産師を置かなければならないわけではありません。そのため看護師・助産師という募集職種が記載されていても、産婦人科の資格としては看護師であれば良いのです。看護師転職エージェントで検索をかければ、多くの産婦人科看護師の募集を確認できるはずです。

また、産婦人科において助産師を配置する人数が決められているわけではありません。個人病院では准看護師から募集されているところもあり、助産師と看護師の勤務条件が違う場合もあります。普通分娩を多く取り扱う個人病院では、病院のイメージと助産師による外来を設けているところが増えているため助産師が望まれる場合もありますが、さまざまな症例を取り扱う総合病院や大学病院では助産師も看護師も募集条件に合えば採用になります。

看護師求人@産婦人科に強い転職エージェントランキング

ナースフル



>>産婦人科の看護師として転職したい!最新転職エージェントランキングの2位以降を見る<<