産婦人科看護師トップ > 産婦人科での看護師の仕事内容

産婦人科で看護師として働くということ

産婦人科として働く場合、看護師としての仕事内容はどういったものになるのでしょうか。まず、前提として産婦人科の看護師の仕事は24時間体制です。出産前の看護師が十分に出産に対しての準備出来るように。また、出産後のママが安静出来るように。それらのサポートをするのが看護師の仕事ですので、24時間体制となっています。

その24時間体制については、日勤や夜勤の二交代制で分けられているところが多いです。これらの仕事の流れを大まかに説明していきたいと思います。日勤の仕事内容から説明すると、夜勤の人の引き継ぎから始まります。妊婦の健康状態を細かく情報共有することによって、妊婦が健康状態を害する前に未然に防ぐことを目的としています。

日勤の昼にはバイタルチェックをしながら、妊婦の不安に耳を傾けたり、コミュニケーションを頻繁に取ることによって精神的もケアに尽力します。

では、一方夜勤の仕事はどういった内容であるかというと、ママにゆっくり休んでもらうためにサポートをします。朝まで子供を預かり、授乳とオムツ交換を繰り返すことを行います。子供を預かるというのは非常に繊細な行為です。嘔吐などをし過ぎていないか?赤ちゃんというのは成人と比べて非常に体調を崩しやすいので、細かなところにも気が回るところも必要です。

では、その産婦人科として働きたいと考えた時にどのような方法でその求人を探すのが良いのでしょうか。ただ、実際には産婦人科の看護師の仕事は、看護師の転職市場において豊富に存在します。以前だったら、その労働環境において看護師の仕事は良くないことが多かったのですが、最近はそこも改善されているようです。厚生労働省としても少子化に対して拍車をかけるようなことを防ごうとしていて、将来の夫婦に対して育児の不安を出来るだけ減らそうと力を入れているところがあるのです。なので、産婦人科の看護師の仕事は比較的好条件の求人も多いのです。では、その豊富にある案件からどのように仕事を探すのが良いのでしょうか。オススメとしては、転職支援サービスを利用することです。なぜなら、転職支援サービスの転職コンサルタントは、看護師に関しての転職ノウハウを豊富に持っているので、それを有効利用することをオススメするのです。具体的にどういったノウハウかというと、地域の看護師の職場環境であったり、職場に実際働いている看護師の生の声もヒアリングしているので、実際の体験談も聞くことが出来るのです。

看護師求人@産婦人科に強い転職エージェントランキング

ナースフル



>>産婦人科の看護師として転職したい!最新転職エージェントランキングの2位以降を見る<<