産婦人科看護師トップ > 産婦人科看護師の履歴書

産婦人科看護師の履歴書

転職する際の履歴書の書き方で悩む人も多いでしょう。学歴や職歴など動かしようのない項目は書き方を間違えなければ問題ありませんが、いちばん悩むのは動機や特技・趣味などの自由度の高い項目です。個人的なことなので何を書けば良いのか考えることも多いですが、「特になし」と書き込むのだけは避けて下さい。

読書や旅行などのイメージの良いものなら書きやすいかもしれませんが、個人的な趣味なのでどんな印象を与えてしまうのかはわかりません。それでも何もないことを書いてしまったら、自分の人間性を伝えるアピールポイントを1つ減らしてしまうことになります。これは特技や長所・短所などの項目にも当てはまります。短所を書くとイメージダウンになりそうですが、まったく短所を持たない人間など存在しないのです。表現方法や言葉は選ばなければなりませんが、空白で提出するのはお勧めできません。

また、看護師の転職でいちばん大切なのは自分の今までの経験です。どのような病院で働いていたのか。どの診療科で働いていたのか。病棟勤務だったのか。外来勤務だったのか。もちろん未経験からでも採用してもらえるので心配はありませんが、採用担当者への印象としては経験値として受け取ってもらえるところもあります。

募集されている求人内容や採用担当者によって履歴書を評価するポイントは違いますが、基本的な履歴書の書き方やマナーにはあまり変わりはありません。丁寧に書くことはもちろんのこと、省略することなく偽りのない履歴を書かなければなりません。産婦人科の看護師だから特別な知識や経験が問われることはないのですが、履歴書の書き方に悩んでしまう人は看護師転職エージェントで添削指導してもらうと良いでしょう。

履歴書だけで合否が決められることはあまりありませんが、応募者が殺到しているところではある程度書類選考でも選ばれてしまうので、履歴書程度と甘く捉えてはいけません。転職エージェントによっては履歴書のテンプレートをダウンロードすることができたり、文例を参考にすることもできるのでコンサルタントへ相談してみると良いかもしれません。

転職回数が多かったり、ブランクが空いていたりと人によって転職する事情や背景はさまざまです。一般的には履歴書は手書きとされていますが、パソコンで作成したものでも受け付けてもらえるところがあるので、その辺りは病院に合わせて対応して下さい。履歴書は転職活動の最初の関門なので、次に進めるように採用担当者へ良い印象を残したいところです。

看護師求人@産婦人科に強い転職エージェントランキング

ナースフル



>>産婦人科の看護師として転職したい!最新転職エージェントランキングの2位以降を見る<<