産婦人科看護師トップ > 産婦人科の看護師の人間関係

産婦人科の看護師の人間関係

産婦人科の看護師は、他の診療科と異なる点として助産師のもとで仕事をすることが挙げられます。一般の医療ではなく、専門性のある事柄に関しては看護師に委ねられることもあるのです。助産師の下で動くことになることもあり、看護師としては他とは違うと感じる要因となるでしょう。もし産婦人科の看護師として働こうとするなら、気持ちの上でも助産師の下で働くことを把握して働けるようにならなければいけないのです。それには、忍耐力も必要になりますし、もし合わない助産師と働くことになったら、きっとストレスになってしまいかねません。それが元で仕事を辞めてしまう看護師もいますので、自身が適応できるかという点を判断してから産婦人科で看護師として働くことが大事です。助産師との人間関係も重要なポイントだということです。

また、産婦人科の看護師の方は妊婦の方の対応をすることが多いので、妊婦の方との人間関係も大切になってきます。採血室で採血をした場合に、失敗してしまうことがあります。そうなると、患者さんも顔を曇らせてしまうこともあるかもしれません。また、失敗をしたことのある方は、お産の担当になった場合には、以前に失敗をしてしまった妊婦の方に不安感を抱かせてしまうのではないかと考えることもあるでしょう。そうならないためには、採血などをしっかりと普段から練習して技術を高めることが大事です。患者である妊婦の方との関係を良好にするためには、日頃から技術を習得するために努力をすることも必要なのです。

産婦人科の看護師では、特に人間関係で悩まれる方もいらっしゃいます。人間関係で悩むということは、何も産婦人科だけではありません。しかし、産婦人科は女性の看護師しかいないのです。そういったこともあり、女性が多いということは、人間関係でのトラブルも起きやすいということが言えます。縦社会であるのが看護師ということもあり、先輩や後輩といった関係性については厳しくなるでしょう。よって、嫌味を言われてしまうことや陰口をたたかれてしまうことも考えられます。全ての産婦人科で起こることと言うわけではありませんが、そういった面があることも知っておく必要があります。そういった人間関係の悩みは、同じような経験をしたことのある先輩がいたとしたら、そういった方に相談をしてみることも一案です。気持ちをわかってもらえる可能性がありますので、解決の糸口となるかもしれないので、信頼のできる先輩を見つけておくことも大事と言えます。

看護師求人@産婦人科に強い転職エージェントランキング

ナースフル



>>産婦人科の看護師として転職したい!最新転職エージェントランキングの2位以降を見る<<