産婦人科看護師トップ > 産婦人科の看護師の悩み

産婦人科の看護師の悩み

医療従事者は、病気に苦しむ患者さんと毎日向き合い、患者さんが様々な苦しい経験をしているのを見なくてはならないため、精神的ストレスを抱えることもあります。他の科と比べて喜ばしいことが多い産婦人科看護師ではありますが、この科ならではの悩みも当然あります。

多くの親にとって妊娠、出産はとても喜ばしいことですが、生まれてくる子どもに遺伝による先天性疾患などがあると、挑戦の時となります。また、流産や難しい出産に立ち会うこともあり、産婦人科看護師としてそうした患者さんをサポートするのは、一つの悩みとなります。医療が進歩しているとは言え、どうしようもないケースも多く、大きな精神的な負担を抱える親たちと話し合い、決定を促すのは楽な仕事ではありません。しかし、上手にサポートすることで精神的な助けとなり、前向きに治療や出産、子育てに取り組むようになるのを見ることもできるので、難しい仕事ですがやりがいがあるとも言えるでしょう。

出産や突発的な問題は、時間に関係なく起こりますから、産婦人科は常に24時間体制で患者さんに対応することになります。個人クリニックなどの場合、他の科は診察時間がしっかりと定まっていて、残業や深夜勤務はほとんどないのが普通です。しかし、産婦人科の場合は、患者さんの状態によって常に業務があります。陣痛が始まってから出産まで、かなり長い時間かかることも珍しくないので、忙しい時間帯が決まっているということはありません。そのため、個人病院であっても勤務が不規則になることもありますし、場合によっては残業が発生することもあるのが悩みと言えます。

現在日本では、産婦人科は他の科と比べて、病院、クリニック数が少なく、需要に追いついていない状況です。そのため、産婦人科看護師の転職・就職は比較的厳しくなっています。また、それぞれの病院やクリニックで人の移動が少ない傾向が見られるため、希望する病院に空きがすぐに出るということも多くありません。しかし、逆に言うと、いったん希望する職場に転職できれば、ずっと長くいられる環境が整っていると言えるでしょう。もちろん、看護師需要が全体的にかなり多いため、他業種の求人に比べると、転職事情は恵まれていますが、完全に自分の希望や好みにあった職場を探すためには、この科においては努力が必要です。そのためにも、求人情報が豊富で自分の条件や希望にマッチした職場を探しやすい転職エージェントを有効利用しましょう。

看護師求人@産婦人科に強い転職エージェントランキング

ナースフル



>>産婦人科の看護師として転職したい!最新転職エージェントランキングの2位以降を見る<<