産婦人科看護師トップ > 産婦人科の看護師の勤務時間

産婦人科の看護師の勤務時間

産婦人科看護師の勤務時間は、働く病院の形態や、扱う分野などによって若干の違いがあります。例えば、総合病院での勤務か、個人開業のクリニックかという点や、通常の産婦人科系の病気や出産などを主に診ているか、不妊治療などの分野に絞ったところかという点です。

総合病院では、シフトがはっきりと決まっているので、勤務時間が安定していると言ってよいでしょう。もちろん、突発的なことが生じて残業があったり、突然の夜間当直があったりしますが、大体決まった時間での勤務がほとんどです。病院によっては、完全に昼と夜のシフトに分かれていて、家庭を持っている人でも安心して働けるところもあります。また、昼と夜のシフトを交代制で行うところも多くあります。そのため、転職の際には求人情報をしっかり確認することと、シフト交代制であるなら、どの時間帯に入るのか、夜勤はどれくらいの頻度であるのかなど、事前に把握しておくことが肝心です。

個人のクリニックは、それぞれの規模によって異なるので一概には言えないものの、日中の決まった勤務時間であることが多く見られます。特に、小さめのクリニックでは、しっかりと朝8時から、夜6時もしくは7時と勤務時間が決まっていて、残業もよほどのことがない限り生じないところも多くあります。決まったリズムで仕事を長く続けたい産婦人科看護師にはもってこいの職場です。一方、出産に関わる手術などを多く行う、大きめの規模の個人病院では夜間の対応も必要になるため、夜勤もあります。交代制で月に何日、と決められているところもあれば、完全に昼勤務と夜勤に分かれているところもありますので、事前に求人情報で確認しましょう。

都市部で増えてきている、不妊治療などの特定の分野を中心に扱うクリニックの勤務時間はかなり明確で、働きやすいシステムです。こうしたクリニックでは夜間の対応がほとんど必要ないため、朝の8時もしくは9時から夜6時から8時の間での勤務というところがほとんどです。休日などもしっかり決まっているため、家庭を持っている、もしくは規則正しい勤務体制がいい、という人には向いている職場です。場所によっては、仕事帰りの患者さんに対応できるように、朝遅めに業務を開始して、夜の9時近くまで対応するところもあります。このようなタイプの病院は都市部に多く、産婦人科看護師の募集も少なめなので、希望する人はこまめに最新求人情報をチェックしましょう。

看護師求人@産婦人科に強い転職エージェントランキング

ナースフル



>>産婦人科の看護師として転職したい!最新転職エージェントランキングの2位以降を見る<<