産婦人科看護師トップ > 産婦人科看護師の男性の求人

産婦人科看護師の男性の求人

産婦人科の医師には男性も存在しています。そのために男性看護師が産婦人科に勤めてはならない規則があるわけではないし、法律的にも何の問題もありません。ただ、産婦人科は女性の患者さんが訪れるところなので、ほとんどの場合で男性看護師を拒否されることが想定されるため、医療機関の方で採用しない方針をとっていることが多いわけです。

もちろん男性看護師も女性看護師と同じように産婦人科で働く権利はありますが、患者さんの方で診察介助を拒否されるのは仕方のないことです。実際問題として男性看護師が産婦人科に存在していることに不快感を示す患者さんがほとんどで、産婦人科での男性看護師の求人を目にする人はいないでしょう。

求人募集では差別に繋がってしまうので男性・女性と性別を記載されるようなことはありませんが、現実的に男性看護師が産婦人科で働いているケースはほぼ存在していません。産婦人科で看護学生の実習も受けるわけですが、特に男子学生は患者さんの許可をもらえないということも珍しいことではないのです。患者さんの心理を考えれば男子学生を避けたいのは当然で、そこが産婦人科である以上は致し方ありません。

男性看護師を産婦人科に配置しないのは差別ではなく区別なのですが、手術室に勤務する場合は緊急帝王切開の手術介助に就く場合もないとは言い切れないので、100%産婦人科に関わらないとは断言できません。一般的には男性看護師が産婦人科で募集されることはないのですが、総合病院や大学病院などの規模の大きなところでは看護師の業務も多岐に渡るので、男性看護師でも採用される可能性はあります。

産婦人科は、患者さんの出産に伴ってオンコール対応が存在しているところもあります。看護師全体からしても人手不足であることには違いないので、看護師転職エージェントで確認をすれば求人募集している医療機関を紹介してもらうことができるでしょう。男性看護師は産婦人科に限らず選択できる診療科が少ないと言われていますが、最近の傾向としては脳外科や外科病棟などで活躍の場が広がっていると言われています。

男性看護師は女性のように産休を取得することがないので、ブランクが存在しない分だけ自分の望むようにスキルアップを望めます。男性看護師が看護師長や主任看護師に配置されている医療機関も多く、今後の医療体制や高齢化社会への対応に準じて募集される求人では、診療科の幅や業務内容も変化するかもしれません。

看護師求人@産婦人科に強い転職エージェントランキング

ナースフル



>>産婦人科の看護師として転職したい!最新転職エージェントランキングの2位以降を見る<<