産婦人科看護師トップ > 産婦人科の看護師のアルバイト

産婦人科の看護師のアルバイト

アルバイトという形で産婦人科看護師の仕事をしている人は大勢います。家庭を持っているため時間に制約があり、あまり働けない人や、短期でアルバイトをする人もいます。業務内容はアルバイトであろうと、フルタイム勤務であろうと大きな違いはありませんが、勤務する病院のタイプによって多少の違いがあります。

まず、大きな総合病院と個人クリニックかによって違いが生じます。総合病院では、他の科と変わらず毎日多くの異なる患者さんが訪れますし、出産や産婦人科系の病気に伴う手術も行われます。そのため、業務は多岐にわたり、そこで働く看護師として専門知識が必要になる場面も多くあります。そのためアルバイトでも、ある程度の産婦人科看護師として経験を積んでいるなら、採用の際有利ですし、待遇面でも優遇されます。特に、不妊治療の分野では需要が多くなっていることや、医療技術が日々進歩していこともあり、この分野の経験がある人は大きなアドバンテージがあります。

個人のクリニックでは病院の規模によって違いはあるものの、比較的門戸を広げてアルバイトの募集を行っています。手術を伴うような難しいケースでは、大きな病院に患者さんを送ることが多いので、複雑な医療ケースにあたることはそれほど多くありません。こうした病院には地元から多く患者さんが来るため、全体的に和やかで親しみやすい雰囲気があります。そのため、新しく転職するにもなじみやすく、働きやすい環境であると言えるでしょう。

このように、大きな総合病院か個人クリニックかで、業務内容や雰囲気は異なります。しかし、この科の特性上、夜間に患者さんの対応をすることが比較的多いことはどちらにも共通しています。そのため、日勤だけでなく夜勤のアルバイトの募集も多く見られます。昼間家族の世話をしたい、学校で勉強をしたいという人に向いている勤務形態でしょう。

さらに、常勤の勤務だけでなく、たまに短期の産婦人科看護師のアルバイト募集もあります。例えば、子宮ガン検診や、ワクチン接種などの行政主体で行われる業務が発生した時に、数週間もしくは1、2カ月間のみの募集がかかることがあります。また、普通の病院等でも年末年始やお盆の時期などに、休暇を取る看護師の代わりに臨時の求人が出ることもあります。常勤では働けない、ちょっとだけ働いて家計の足しにしたい人に向いている仕事と言えます。こうした短期の仕事は常に募集があるものではないので、こまめに求人をチェックして機会を逃さないようにしましょう。

看護師求人@産婦人科に強い転職エージェントランキング

ナースフル



>>産婦人科の看護師として転職したい!最新転職エージェントランキングの2位以降を見る<<