起業・独立に必要な5つの条件とは

以前「起業・独立で成功するための最低限のチェックリスト」を私なりに挙げてみたのですが、
結局起業・独立に必要な条件は大きく分けて5つあると考えています。

1.強みが活かせる やりたいことである

報酬は商品やサービスとの等価以上の交換が原則なので、報酬に見合うだけの専門知識や商品力があることが望ましいです。
またシンプルながら「自分のやりたいことであるか」は重要項目です。

事業のスタートアップでは不測の事態が多く起こるので、苦しいことが続いてもやり切れる自分の好きなジャンルであることは強みです。

2.事業の開業資金・運転資金と生活費が確保できている

事業に掛けられる資金は多いほど良いですが、潤沢な資金を準備できるケースは当然少ないです。
生活費などは1年分以上は確保した状態で始めたいところです。

3.起業直後の顧客見込み客がいる

前職からのお得意さんを獲得した状態で事業が始められるのは、売り上げの面以外にも、
事業のビジネスモデルをテストできるというメリットがあります。

顧客の情報が既にあるのも大きなメリットで、その顧客が購入しそうな商品やサービスを揃えておくこともできます。
またアンケートや感想を直接聞くことで、改善につなげることができるかもしれません。

4.家族などの了承を得ていること

起業することによって接する時間も短くなり、収入面でも不安定になりがちなので直接影響を受けるのは家族も同じです。
必ず起業前に了承を得て、心配を払拭できるまで事業と今後を説明し、できれば多少協力してもらえる状態まで持っていければ尚いいです。

5.情熱と健康な体があること

最重要な資本は事業の舵を切るあなた自身です。
サラリーマン時代は風邪をひいて会社を休んでも誰かがフォローして有給で給料に影響がなくても
起業時にはそうはいきません。
あなたが休んだ分はあなた自身が埋める必要があります。
サラリーマン以上に、起業家は体が資本なのです。

また前回マインドセットの話をしましたが、どんな逆風が吹いてもやる気の炎が消えないように自分をコントロールする能力が問われます。