起業・開業成功の為のチェックリスト【保存版】

私の今までの経験から、起業・開業独立で成功する人にも大まかにパターンがあることを感じます。
そこで私の「起業成功の必須項目」をチェックリストにまとめました。
大雑把にですがマーケティングのリサーチ段階で重要になってくる項目もあるので、
起業・開業独立をするか・しようとしている方は是非一度目を通してもらえると嬉しいです。

全てチェックがつくことは稀ですが、チェックがつかなかった項目を集中的に考えていくと良いと思います。

ビジネス内容での起業チェック項目

  • 自分の強み(資格やスキル・実績)を活かせるジャンルか
  • 逆境でも続けられるくらい、自分の好きなジャンルか
  • 商品・サービス内容が競合と差別化できているか
  • 商品・サービスを販売するターゲットが明確になっているか
  • 顧客のどのようなニーズを解決できるのかが明確になっているか
  • 販売方法が明確になっているか(ネット販売かリアルか)
  • 儲けの勘定(いくらで仕入れていくらで売る)が明確になっているか
  • 一過性でなく継続可能なビジネスモデルになっているか
  • 事業外部の人間にも説明できるような3年、5年先の事業計画になっているか
  • 個人事業主、合同、株式会社などの事業形態が明確になっているか
  • 経営の基となる自分の経営理念があるか

資金面の起業チェック項目

  • 初期投資額が明確になっているか
  • ランニングコストが明確になっているか
  • 活用資金(特に固定費)を軽減する工夫をしているか
  • 必要資金の調達の目処が立っているか
  • 初期投資額を2年以内に回収できるか
  • 起業直後の不安定時期を乗り切る資金計画が詳細にされているか
  • 助成金や優遇融資などの公的資金を活用できるか調査したか
  • 当面の生活費を既に確保してあるか
  • 事業の撤退ラインを決めているか

集客・経理の起業チェック項目

  • 簿記や資金繰りなどの経理に関する基礎知識がある
  • マーケティング等の集客・広告手段の基礎知識があるか
  • 管理会計など経営管理に関する基礎知識があるか
  • PCや基本的なソフトを使いこなせるか

協力者の起業チェック項目

  • 起業直後でも顧客になってくれそうな見込み客がいるか
  • 新規の顧客開拓の道筋があるか
  • 前会社の同僚や同期など協力を得られそうな知人がいるか
  • 業務に行き詰ったときに相談できる先輩経営者や師匠・メンターがいるか
  • プライベートでも相談できる友人がいるか

本業を軌道に乗せながら、経理やマーケティング・労務面の全ての知識を習得するのはかなりの時間的労力がかかります。
なのですべてにチェックが付くことは起業前にはほとんど不可能でしょう。

できる部分は自分で賄い、どうしても足りない部分は任せてしまう分業と分担が効率面でも優れているのは言うまでもないでしょう。
個人的には師匠や経営の先輩からアドバイスをもらい、必要な人脈を構築していくのが最短距離だと思っています。

開業前にしておくべき準備一覧

いざ独立開業を決意した次の「準備ステップ」には具体的にどんな項目があるのでしょうか。
今回は独立開業前にしておくべき準備項目を一覧にしてみました。

1.提供サービスの決定「誰に、何を、どうやって売るか」

まだ完全に顕在化していない段階かもしれませんが、「やるかやらないか決める段階」でもあり、
ある意味最も重要なステップです。
独立開業を決意した人の中には、この部分が大雑把にでも決まっている人も多いのではないでしょうか。

独立前の前職をスキルやノウハウを活かして自分でやっていくと考える人も多いと思います。

  • 業種や事業形態を決める
  • コンセプトを決める
  • 事業に必要な資格や許可書を取得する

2.具体的な事業の計画を練る

1で決めた事業サービスについて更に掘り下げて考えます。
独立開業の半年前くらいに行う項目です。
場所はどこで? 利益はどれ位出るのか。初期の資金や運転資金がどれくらいかかるのかなど、
実行段階で転ばないようにここで完璧に決定する段階です。
会社などに努めている場合、退職届の手続きや保険料年金の切り替えもここで考えます。

  • 開業場所の候補を探す
  • 損益計画書の作成
  • 自己資金を洗い出す
  • 開業の準備資金を算出
  • 開業の運転資金を算出
  • 退職手続き(会社員の場合)
  • 国民健康保険・国民年金への切り替え

3.事業環境を用意する

実際に資金を使って借りたりなどの準備をする段階です。
大体の目安として独立・開業の3か月前くらいに行うステップです。

  • 開業場所の決定
  • 店舗やオフィスの内装・改装工事
  • 電気ガス水道やネット環境の開通手続き
  • 屋号を決定
  • 営業時間や定休日の決定
  • 賃金など労働条件に関わるルールの決定
  • 従業員の募集(規模によって)

4.届出書提出・事業に必要なものの準備

開業日の前月に行っておく項目です。
必要に応じて専門家や開業経験者に助言をもらうのもありでしょう。

  • 各種届出書を提出
  • 設備や備品の購入と搬入
  • 名刺やパンフレットの作成
  • 事業用の口座の開設
  • 事業用印鑑の作成を印鑑登録
  • 宣伝広告(オープンの告知やキャンペーンなど)

独立・企業支援の元気玉 | ガイダンス

個人が独立し事業を行うには、事業計画書の作成から、許可書取得、宣伝広告・新規顧客の開拓、経理や税務申告から人事労務まで幅広い情報が必要となります。

「何か自分でやってみよう」
「とにかく会社を飛び出して独立・起業したい」

そう考える人は多いものの、次の現実に落とし込むステップで挫折する人はいまだに非常に多いです。
そんな私も脱サラ後に起業するまで悪戦苦闘した人間の一人です。

「もっと独立願望のある人のための分かりやすい情報のまとまったサイトがあれば…」

そういった思いでこのサイトを立ち上げました。

個人事業主としてここから旅立つ覚悟を決めたあなたを導くガイドになることを願って。