起業の心構え「事業・経営とは何か」単発で終わらない考え方

何やら抽象的な記事タイトルになってしまいましたが、私的に前提となる最低限理解しておく部分だと考えていますので書いていきます。

起業をこれから始める方は当然最初なのでビジネスの規模は小規模です。
しかし大企業だろうが中小ベンチャー企業だろうが共通する「事業・経営に関する心構え」があると私は思っています。

事業とは何か

事業とはビジネスの一つ一つのユニットのことです。プロジェクトと呼ぶ人もいます。
重要なのは「事業」とは時間軸を考慮しない呼び方だという事です。

では経営とは何か

あなたが起業して最初の商品やサービスが大ヒットすれば事業は成功といえます。
しかしその商品・サービスが時間経過で売れ続けることは稀で、売り上げが落ちてくる前に第二、第三の事業を仕掛けて成功させていく必要があります。
このように長期的に事業を複数仕掛け、売り上げを会社として残していくことを「経営」と呼びます。

特に起業準備・仕立ての社長に多いのが「事業の成功」までしか考えが及んでない人が多いという事です。
長期の「経営」の視点が無いと、企業として長期的に続くことは難しいのです。

経営を成功させる秘訣

「経営を成功させる秘訣」そんなものがあれば誰も苦労しませんが、最低限必要なのが

「商品力」と「上手な売り方」だと思います。

商品力とは読んで字のごとく提供する商品・サービスが買ってくれる顧客にとってどれだけ価値があるかという事です。
価値のは曖昧な表現だと思いますが、あなたは以下の例をどう考えますか?

・言い方が悪いですが洗脳に近いクロージングで、必要ないものをその場で高額で買わせる
・売る側がどれだけ良い商品だと思っていても、買う側にとって価値が見出せない

どちらも実は割と見かける例なのですが、つまり重要なのが

顧客にとってどれだけ役に立つか

という点に尽きるのです。
上記の例の2つは両方とも顧客の役に立っていません。
1つ目は営業力があれば売れてしまいますが、結果として顧客満足度は低いです。
これは事業としては問題が顕在化しないかもしれませんが、経営視点で考えると必ずガタが来ます。

「顧客満足度を高める」
「リピーターになってもらえるほど満足してもらう」

長期の経営を視野に入れるとこれらを満たす企業を目指し、
長期で経営可能な企業を目指す事が結果として成功に繋がるのです。

コメントを残す