起業・独立に必要な5つの条件とは

以前「起業・独立で成功するための最低限のチェックリスト」を私なりに挙げてみたのですが、
結局起業・独立に必要な条件は大きく分けて5つあると考えています。

1.強みが活かせる やりたいことである

報酬は商品やサービスとの等価以上の交換が原則なので、報酬に見合うだけの専門知識や商品力があることが望ましいです。
またシンプルながら「自分のやりたいことであるか」は重要項目です。

事業のスタートアップでは不測の事態が多く起こるので、苦しいことが続いてもやり切れる自分の好きなジャンルであることは強みです。

2.事業の開業資金・運転資金と生活費が確保できている

事業に掛けられる資金は多いほど良いですが、潤沢な資金を準備できるケースは当然少ないです。
生活費などは1年分以上は確保した状態で始めたいところです。

3.起業直後の顧客見込み客がいる

前職からのお得意さんを獲得した状態で事業が始められるのは、売り上げの面以外にも、
事業のビジネスモデルをテストできるというメリットがあります。

顧客の情報が既にあるのも大きなメリットで、その顧客が購入しそうな商品やサービスを揃えておくこともできます。
またアンケートや感想を直接聞くことで、改善につなげることができるかもしれません。

4.家族などの了承を得ていること

起業することによって接する時間も短くなり、収入面でも不安定になりがちなので直接影響を受けるのは家族も同じです。
必ず起業前に了承を得て、心配を払拭できるまで事業と今後を説明し、できれば多少協力してもらえる状態まで持っていければ尚いいです。

5.情熱と健康な体があること

最重要な資本は事業の舵を切るあなた自身です。
サラリーマン時代は風邪をひいて会社を休んでも誰かがフォローして有給で給料に影響がなくても
起業時にはそうはいきません。
あなたが休んだ分はあなた自身が埋める必要があります。
サラリーマン以上に、起業家は体が資本なのです。

また前回マインドセットの話をしましたが、どんな逆風が吹いてもやる気の炎が消えないように自分をコントロールする能力が問われます。

脱サラするべきか 起業のデメリットも考えよう

今回は起業の在り方・サラリーマンとの比較について持論を語らせて頂きます。

とはいえ私も今年で起業して5年目の若輩者でありますので、あくまで一個人の考え方と捉えて頂ければ幸いです。

「毎日同じルーチンを繰り返し、組織の歯車として経営者の為に働くサラリーマン」
「いくら頑張って残業しても給料は毎月変動なし。満員電車で週5~6出勤。休日出勤の社畜」

私はこんな感じの愚痴を、サラリーマン時代の同期と飲むたびに聞かされます。
私自身もサラリーマン時代は感じてしましたし、起業しようと決断した時もこのような考え方をしていたのを覚えています。

しかし本当にサラリーマンはネガティブで、起業するとポジティブなのかを最近よく考えます。
統計によると起業した人の大半が年収が200万以下で、その多くが志半ばに再就職をしています。

特に起業スタートアップ時はサービス残業なんて目じゃないほど自分の事業に時間を掛けなければいけませんし、
管理項目もべらぼうに多くなります。

事業にもよりますが、収入はサラリーマンよりも不安定ですし多くの人が節約を余儀なくされます。
収入の不安定さは世間体にも自身にも影響しますし、精神的な負荷も遥かに多く、軌道に乗るまでは「人生で最も大変な時期」といっても過言ではないと思います。

多くの起業者向けのセミナーではマインドセットから入ることが多いですが、確かにタフなマインドとバイタリティを持たないと厳しいです。
脅しでは無く、このような荒波の中でも模索し続けて安定軌道まで到達することで徐々に負荷が減ってくるのだと思います。

荒波にも負けない情熱やハングリーさがある人ほど、安定軌道にのるまで努力し続けることが可能だと感じます。

逆にそこまでの覚悟、執念の持てない人には起業は向かないでしょう。
特に手厚い大手企業ならば、起業せずにいた方が良いケースも多々あるので、どちらが良いかはその人次第だと考えています。

新規顧客の開拓は大丈夫?お得意さん起業パターンあるある

いざ好きを活かして起業したり、前職のお得意さんを引っ張って起業しても、安定軌道に乗せるまでには様々は障害が立ちはだかります。

チェックリスト編や事前準備編で紹介したような項目を事前にクリアした状態で起業できる方ならば、ある程度「想定の範囲内」での浮き沈みになると思いますが、深く考えずに起業してしまう人も意外と多いです。

特に多いのが会社員時代のお得意さんを引っ張って起業するケースです。
起業して初めて会社がどこまで負担・管理してくれていたのか思い知ったのは実は私の体験談でもあります。

このケースの場合、特に苦労するのが新規顧客の開拓でしょう。
マーケティング・広告などを知らないばかりにお得意さん以外の顧客がおらず、収益が頭打ちになるケースをたまに耳にします。

予想以上に宣伝広告費に予算がかかることを知り、新規顧客の開拓に足踏みしている事業主は意外と多いのです。

起業・開業成功の為のチェックリスト【保存版】

私の今までの経験から、起業・開業独立で成功する人にも大まかにパターンがあることを感じます。
そこで私の「起業成功の必須項目」をチェックリストにまとめました。
大雑把にですがマーケティングのリサーチ段階で重要になってくる項目もあるので、
起業・開業独立をするか・しようとしている方は是非一度目を通してもらえると嬉しいです。

全てチェックがつくことは稀ですが、チェックがつかなかった項目を集中的に考えていくと良いと思います。

ビジネス内容での起業チェック項目

  • 自分の強み(資格やスキル・実績)を活かせるジャンルか
  • 逆境でも続けられるくらい、自分の好きなジャンルか
  • 商品・サービス内容が競合と差別化できているか
  • 商品・サービスを販売するターゲットが明確になっているか
  • 顧客のどのようなニーズを解決できるのかが明確になっているか
  • 販売方法が明確になっているか(ネット販売かリアルか)
  • 儲けの勘定(いくらで仕入れていくらで売る)が明確になっているか
  • 一過性でなく継続可能なビジネスモデルになっているか
  • 事業外部の人間にも説明できるような3年、5年先の事業計画になっているか
  • 個人事業主、合同、株式会社などの事業形態が明確になっているか
  • 経営の基となる自分の経営理念があるか

資金面の起業チェック項目

  • 初期投資額が明確になっているか
  • ランニングコストが明確になっているか
  • 活用資金(特に固定費)を軽減する工夫をしているか
  • 必要資金の調達の目処が立っているか
  • 初期投資額を2年以内に回収できるか
  • 起業直後の不安定時期を乗り切る資金計画が詳細にされているか
  • 助成金や優遇融資などの公的資金を活用できるか調査したか
  • 当面の生活費を既に確保してあるか
  • 事業の撤退ラインを決めているか

集客・経理の起業チェック項目

  • 簿記や資金繰りなどの経理に関する基礎知識がある
  • マーケティング等の集客・広告手段の基礎知識があるか
  • 管理会計など経営管理に関する基礎知識があるか
  • PCや基本的なソフトを使いこなせるか

協力者の起業チェック項目

  • 起業直後でも顧客になってくれそうな見込み客がいるか
  • 新規の顧客開拓の道筋があるか
  • 前会社の同僚や同期など協力を得られそうな知人がいるか
  • 業務に行き詰ったときに相談できる先輩経営者や師匠・メンターがいるか
  • プライベートでも相談できる友人がいるか

本業を軌道に乗せながら、経理やマーケティング・労務面の全ての知識を習得するのはかなりの時間的労力がかかります。
なのですべてにチェックが付くことは起業前にはほとんど不可能でしょう。

できる部分は自分で賄い、どうしても足りない部分は任せてしまう分業と分担が効率面でも優れているのは言うまでもないでしょう。
個人的には師匠や経営の先輩からアドバイスをもらい、必要な人脈を構築していくのが最短距離だと思っています。

開業前にしておくべき準備一覧

いざ独立開業を決意した次の「準備ステップ」には具体的にどんな項目があるのでしょうか。
今回は独立開業前にしておくべき準備項目を一覧にしてみました。

1.提供サービスの決定「誰に、何を、どうやって売るか」

まだ完全に顕在化していない段階かもしれませんが、「やるかやらないか決める段階」でもあり、
ある意味最も重要なステップです。
独立開業を決意した人の中には、この部分が大雑把にでも決まっている人も多いのではないでしょうか。

独立前の前職をスキルやノウハウを活かして自分でやっていくと考える人も多いと思います。

  • 業種や事業形態を決める
  • コンセプトを決める
  • 事業に必要な資格や許可書を取得する

2.具体的な事業の計画を練る

1で決めた事業サービスについて更に掘り下げて考えます。
独立開業の半年前くらいに行う項目です。
場所はどこで? 利益はどれ位出るのか。初期の資金や運転資金がどれくらいかかるのかなど、
実行段階で転ばないようにここで完璧に決定する段階です。
会社などに努めている場合、退職届の手続きや保険料年金の切り替えもここで考えます。

  • 開業場所の候補を探す
  • 損益計画書の作成
  • 自己資金を洗い出す
  • 開業の準備資金を算出
  • 開業の運転資金を算出
  • 退職手続き(会社員の場合)
  • 国民健康保険・国民年金への切り替え

3.事業環境を用意する

実際に資金を使って借りたりなどの準備をする段階です。
大体の目安として独立・開業の3か月前くらいに行うステップです。

  • 開業場所の決定
  • 店舗やオフィスの内装・改装工事
  • 電気ガス水道やネット環境の開通手続き
  • 屋号を決定
  • 営業時間や定休日の決定
  • 賃金など労働条件に関わるルールの決定
  • 従業員の募集(規模によって)

4.届出書提出・事業に必要なものの準備

開業日の前月に行っておく項目です。
必要に応じて専門家や開業経験者に助言をもらうのもありでしょう。

  • 各種届出書を提出
  • 設備や備品の購入と搬入
  • 名刺やパンフレットの作成
  • 事業用の口座の開設
  • 事業用印鑑の作成を印鑑登録
  • 宣伝広告(オープンの告知やキャンペーンなど)