産婦人科で看護師として働くということ

産婦人科で看護師として働くということに興味を持つ。そういった看護師の方も非常に多いかと思います。実際に産婦人科というのは非常に魅力的な仕事です。「生命」という人間の神秘に立ち会えるというのは、様々な看護師の中でも看護師くらいなのではないでしょうか。では、その魅力的である看護師の仕事の内容は実際どういったものなのでしょうか。

まず、産婦人科というのは大きく分けて、産科と婦人科に分けられます。婦人科というのは、女性特有の病気(子宮筋腫であったり、生理不順であったり)を扱っています。女性特有の病気に対しての診察や治療を行なっているのが婦人科というところです。一方、産科についてお話すると、看護師の仕事は大きく分けて3つに分かれます。それは、産まれる前の準備と、出産のサポートと、産まれた後のケアです。

この大きく分けて3つが産婦人科の看護師の仕事です。この3つの仕事はもちろん、看護師としての技術的なサポート(たとえば、バイタルチェックなど)も必要になってくるのですが、なりよりも大事なこととして、出産前、出産後の精神的なケアが大事と言われています。実際に、出産されるママたちは始めての出産である方も多く、精神的に不安定な方をサポートする。そういった役割も看護師の重要な役割の一つです。

産婦人科で働くために

産婦人科で働くためにはどのようにすれば良いのでしょうか。産婦人科で働くことの魅力については、さきほどお話したかと思います。では、その産婦人科で働きたいと思った際にはどのような探し方をすれば良いのでしょうか。

結論から言ってしまえば、産婦人科の求人を探すのはそれほど、難しくはないです。現在、どこの病院も産婦人科の看護師が不足している傾向があるので、それほど求人が見つからないということはありません。ただ、そこには一つの条件があります。求人を「選ばなければ」みつかりやすいということなのです。実際に、産婦人科というのは24時間体制の現場であること。また生命というものを扱うということに対して精神的もプレッシャーを感じること。

やりがいも非常に多いのですが、心身ともに負担に感じ、自分が思い描いた職場と違うと感じられる人も多いのが事実です。では、自分の描く理想と現実のギャップを感じないような職場選びをするにはどうすれば良いのでしょうか。それは「求人先をよく知る」ということです。

そうすれば、理想と現実のギャップに苦しむこともなく職場選びをすることが出来るのです。その方法の一つとして、転職支援サービスを利用して求人先をよく知るのも一つです。ナースフルなどのサービスを利用してみて下さい。(※無料)

看護師求人@産婦人科に強い転職エージェントランキング

ナースフル

ナースフル

CMでもおなじみのナースフル。キャリアコンサルタントの親身な対応が◎産婦人科の求人案件も非公開求人を含めて多数あり。実際の求人選びもキャリアコンサルタントがポイントを絞って懇切丁寧にご案内があるのでオススメ。

詳細はこちら

ナース人材バンク

ナース人材バンク

多くの看護師に選ばれてきたナース人材バンク。年間利用者としては10万人以上!都市圏のみにしか強みが発揮できない転職支援サービスも実は多いのですが、ナース人材バンクは全国の求人紹介が可能なところもポイント!

詳細はこちら

マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビグループの看護師専門の転職支援サービスで実績多数。実際に利用した人の満足度多数あり。「給与も高くて、また産婦人科の看護師としてキャリアアップしたい!」などあなただけのワガママな求人案件も多数あり!

詳細はこちら

看護のお仕事

看護のお仕事

サポート力が自慢の看護のお仕事。看護師の方が活き活きと働くことを全力で支援。実際のキャリアコンサルタントのサポート力はバツグン。ホームページ上には実際の相談例も載っていて、そこでサポート力を確認してみるのもオススメ!

詳細はこちら

看護プロ

看護プロ

医療・介護従事者向けの転職エージェントとして、登録者数が多い「看護プロ」。医療関係の様々な職種の求人を網羅していますので、産婦人科の求人も多く扱っています。もちろん求人数だけでなく、その手厚いサポート体制も多く利用者を集めている理由です。

詳細はこちら

転職支援サービスを利用するメリット

転職支援サービスを利用するメリットとしてはどういったことがあるのでしょうか。実際に産婦人科の看護師として働きたいと考えた時に、転職支援サービスを利用するメリットをお話したいと思います。

まず、看護師が転職支援サービスを利用すると、専任の転職コンサルタントがつきます。その点が最も重要な転職支援サービスを利用するメリットです。たとえば、もしあなたが「給与が高い」「年間休日120日以上」という条件がどうしても譲れなかった場合、あなた個人”だけ”でその求人を探そうとするならばどういった方法を取るでしょうか。おそらく、求人誌を何冊か購入して、何社も自分で問い合わせて、インターネットで確認して、自分で面接の日程の調整をする。そういったことになるかと思います。

おそらく、ほぼ自分1人だけでは難しいのではないでしょうか(働きながら、転職活動を考えている人はなおさらです)。転職支援サービスを利用するメリットはあなた専任のコンサルタントがあなたの条件にあった職場を探してくれるだけでなく、面接の日程も調整することを仲介してくれます。また、仲介だけでなく、その面接に対しての対策も行なってくれるので、あなたの転職活動に対して120%バックアップしてくれる強い味方なのです。

産婦人科の看護師の採用基準

産婦人科看護師の仕事は、職場の雰囲気が良いことや、やりがいがとてもあるという理由で人気があり、比較的競争が高い傾向にあります。また、全国的に他の科と比べて産婦人科は病院数が少ないため、受け入れ先が少なめという事情もあります。そこで、産婦人科看護師としての採用基準が、どのようなところに重きが置かれているかを知っておくかは、転職において大事なポイントです。

採用基準において重要視される点の一つが経験です。今まで看護師としてどんな業務をしてきたか、特に産婦人科看護師としての年数や、勤務した病院はどこかなどがよく見られます。様々な手術などを行い、医療的に難しいケースを扱う大規模な病院の場合は、手術に対応できる人や、最新医療に関する専門知識や経験がある人を優先して採用しますので、そのような経験があるならしっかりとアピールしましょう。また、夜間の対応も多くなるので、勤務時間に融通を持たせられる人や、夜勤可能という人はポイントが高いでしょう。一方、小規模の個人クリニックでは、経験やスキルも大事ですが、患者さんと良い関係を築いて長く働いていけるか、という点がより重視されるでしょう。

産婦人科では、出生前診断や不妊治療などの分野を始めとして、最新技術がどんどん取り入れられていますので、そのようなスキルを持つ産婦人科看護師は特に優遇されるに違いありません。特に、この分野を専門に扱う個人クリニックも増えてきていますので、こうした経験や知識を持っているなら、そこに絞って求人を探し、転職活動をするのもよいでしょう。また、大きな総合病院や大学病院でも、こうしたスキルを持つ人を優遇するという採用基準のところが多いので、看護師としてステップアップを考えているなら、とても良い機会となるでしょう。

どの職場でも言えることですが、この科の特性上、患者さんと良いコミュニケーションが取れることを、より求められるのが産婦人科看護師です。そのため、面接などでも細かな配慮ができるか、患者さんへの接し方はどうかということが採用基準として重要なのは言うまでもありません。特に、小規模な個人クリニックでは、地元の患者さんも多く、長期間にわたるお付き合いがあるため、良い雰囲気を保てる人であることが重要視されます。面接の際には、自分の経験やスキルをアピールするだけではなく、過去に患者さんとどのような接し方をしてきたかを話すなどして、人柄や仕事への態度を示せるようにするとよいでしょう。

産婦人科の看護師のやりがい

産婦人科看護師として働く人は、皆一様に、生命の素晴らしさを目の当たりにすることができると、この科で働くやりがいについて語ります。確かに、新しい生命が誕生する瞬間に立ち会うだけでなく、妊娠の段階から徐々に胎内で成長していく様子を見て、出産まで患者さんを見守るため、喜びの多い仕事と言えるでしょう。 また、医療関係の職業では唯一、患者さんが喜んで病院を訪れる場所、といわれるのがこの産婦人科です。それもそのはず、他の科には病気を抱え、つらい思いをしているために来院しますが、この科には希望を持って患者さんが訪れます。病院に来てくれることを歓迎できるのは、医療従事者として産婦人科看護師がとてもやりがいのある職業であることを物語っています。

患者さんとの付き合いが長期間に及ぶ、というのも産婦人科看護師としてやりがいを感じる理由の一つです。外科のように、怪我や病気が治ったら病院には来なくなる、という患者さんが多くを占める職場ではありません。最低でも半年以上はどの患者さんにも寄り添って、ずっとサポートをし続けるため、患者さんとの個人的な交流も生まれ、親しく付き合いができるのも、この産婦人科看護師の魅力です。

確かに、難しい医療上の問題を抱える患者さんや新生児もいます。しかし、人生のスタートを前向きに始めようという意識を持つ人たちが多いため、病気に対する姿勢がポジティブで患者さんと一緒に問題に立ち向かっていけるのも、ここで働くモチベーションを高めるものとなります。そして、そうした問題を克服して新生児が退院していくの様子を見ることは、本当に心温まるものがあります。また、親御さんとともに喜びを分かち合えるというのも、心に残る体験となるでしょう。 治療が終わった後も、患者さんの中には病院を訪れ、その後の経過を知らせてくださる方も多くいます。子どもがどんどん成長していくのを見て、治療に関わった者として、新しい人生の始まりに貢献できたことを感じられるのは幸せです。このように産婦人科看護師としてのやりがいは大きいものがあります。

転職を考えているのであれば、自分の求めているイメージに合った病院を探すことが大事です。小規模な病院であれば、地元の人との交流をより深めて、患者さんに寄り添った仕事ができます。大きな総合病院の産婦人科であれば、医療上の難しい問題を抱えたケースに立ち会うことも多くなり、患者さんが病気に立ち向かうのをサポートできます。