起業の心構え「事業・経営とは何か」単発で終わらない考え方

何やら抽象的な記事タイトルになってしまいましたが、私的に前提となる最低限理解しておく部分だと考えていますので書いていきます。

起業をこれから始める方は当然最初なのでビジネスの規模は小規模です。
しかし大企業だろうが中小ベンチャー企業だろうが共通する「事業・経営に関する心構え」があると私は思っています。

事業とは何か

事業とはビジネスの一つ一つのユニットのことです。プロジェクトと呼ぶ人もいます。
重要なのは「事業」とは時間軸を考慮しない呼び方だという事です。

では経営とは何か

あなたが起業して最初の商品やサービスが大ヒットすれば事業は成功といえます。
しかしその商品・サービスが時間経過で売れ続けることは稀で、売り上げが落ちてくる前に第二、第三の事業を仕掛けて成功させていく必要があります。
このように長期的に事業を複数仕掛け、売り上げを会社として残していくことを「経営」と呼びます。

特に起業準備・仕立ての社長に多いのが「事業の成功」までしか考えが及んでない人が多いという事です。
長期の「経営」の視点が無いと、企業として長期的に続くことは難しいのです。

経営を成功させる秘訣

「経営を成功させる秘訣」そんなものがあれば誰も苦労しませんが、最低限必要なのが

「商品力」と「上手な売り方」だと思います。

商品力とは読んで字のごとく提供する商品・サービスが買ってくれる顧客にとってどれだけ価値があるかという事です。
価値のは曖昧な表現だと思いますが、あなたは以下の例をどう考えますか?

・言い方が悪いですが洗脳に近いクロージングで、必要ないものをその場で高額で買わせる
・売る側がどれだけ良い商品だと思っていても、買う側にとって価値が見出せない

どちらも実は割と見かける例なのですが、つまり重要なのが

顧客にとってどれだけ役に立つか

という点に尽きるのです。
上記の例の2つは両方とも顧客の役に立っていません。
1つ目は営業力があれば売れてしまいますが、結果として顧客満足度は低いです。
これは事業としては問題が顕在化しないかもしれませんが、経営視点で考えると必ずガタが来ます。

「顧客満足度を高める」
「リピーターになってもらえるほど満足してもらう」

長期の経営を視野に入れるとこれらを満たす企業を目指し、
長期で経営可能な企業を目指す事が結果として成功に繋がるのです。

開業資金はどう準備する【少額自己資金のススメ】

起業・独立時の事業によって開業資金はまちまちですが、開業資金はどのように準備するのでしょう。

資金の考え方

ます資金の考え方の持論を説明します。
当然開業資金は多ければ多いほど良いと思われがちですが、私としてはできるだけ少額での起業をオススメしています。

なぜなら資金というのは、自分の事業への投資だからです。
そして投資の成功率は経験値に比例します。

起業初期で経験も少ない状態で多額を投資するよりも、少額の投資に留めて「投資の経験値」をつけていきます。
数をこなす内に自分の中での資金投資の基準が高くなってくるので、
自分の投資の技量に比例して投資資金を上げていけばいいのです。

なので限られた資金の中で自分の事業を運営する方法を学びましょう。

M&Aで引継ぎ起業という選択

起業といえば自分で新規に事業を始めたり、ビジネスパートナーなどの共同で起こすイメージが強いですが、選択肢としては他にもあるということも知っておくべきです。

人が行っていたビジネスを引き継ぐ

ゼロから自分で立ち上げるのではなく、他の誰かが行っていたビジネスを買い取って引き継いでスタートするという方法もあります。
これをM&A(Merger and Acquisition)といい、大企業が行うイメージがありますが、実際にはベンチャーや個人レベルでもM&Aによる起業は多く行われています。

M&Aの定番「MBO」での起業するパターン

M&Aの中でも代表的な方法の1つにMBO(Management Buy-Out)という手法があります。
MBOは所属している企業の事業や部門を買収して独立起業する方法です。

よくあるパターンは、企業のメイン事業以外の新規事業を担当していた役員が、その事業を買い取って独立するケースです。
元の企業の基盤やノウハウ、顧客がある状態で始められるので軌道に乗りやすく起業成功の可能性は特に高いです。
但し買収可能な資金があることが前提となります。

居ぬき物件で起業するパターン

最近私の知り合いがこの方法で独立しましたので紹介します。
特に飲食店などで多い起業パターンですが、既に経営している店舗を内装や機器・備品などを含めて、そのままオーナーを引き継ぐパターンです。
M&Aかといわれると買収という括りで見れば含まれると言って良いでしょう。
ポイントとしてはあくまで買収なので、経営が難航している状態の店舗を若干安く買収するケースが多いようです。
初期投資を大幅に削減できるほか、事前に客層や集客規模が分かっている点から見通しが立てやすいメリットがあります。

最近では売りたい側と買いたい側をマッチングする仲介企業もあるのでハードルが下がってきている印象です。

起業する前に確保しておきたい事

いざ起業・独立を決意してスタートすると最初について纏う問題は「当面の生活費」でしょう。
私も多くの蓄えがあって起業したわけではないので、起業開始当初は精神的にこの問題に悩まされました。

このご時世なので、長く収入を得られない状態でも耐えられる蓄えがある状態で起業できる人の方が少数派なのは想像に難くないでしょう。

そこで私の経験上最もオススメの起業前準備を紹介します。

それは…

「起業直後から一定期間仕事をくれる先や顧客を確保した状態で起業すること」

です。
中々難しいかもしれませんが、起業直後から収入が安定するまでは時間がいくらあっても足りません。
自分での勉強や調べる時間も多くなり、単純にメイン業務だけに割ける時間も多くはないと思います。

そんな不安定で慌ただしい期間でも、確定して収入が入ってくる先を確保してあること。
これだけでも精神的にも落ち着きますし、目先の非効率な仕事を取る選択をしなくて済むのです。

是非起業前には「一定期間でも収入源を確保できる状態での起業」をおすすめします。

起業・独立に必要な5つの条件とは

以前「起業・独立で成功するための最低限のチェックリスト」を私なりに挙げてみたのですが、
結局起業・独立に必要な条件は大きく分けて5つあると考えています。

1.強みが活かせる やりたいことである

報酬は商品やサービスとの等価以上の交換が原則なので、報酬に見合うだけの専門知識や商品力があることが望ましいです。
またシンプルながら「自分のやりたいことであるか」は重要項目です。

事業のスタートアップでは不測の事態が多く起こるので、苦しいことが続いてもやり切れる自分の好きなジャンルであることは強みです。

2.事業の開業資金・運転資金と生活費が確保できている

事業に掛けられる資金は多いほど良いですが、潤沢な資金を準備できるケースは当然少ないです。
生活費などは1年分以上は確保した状態で始めたいところです。

3.起業直後の顧客見込み客がいる

前職からのお得意さんを獲得した状態で事業が始められるのは、売り上げの面以外にも、
事業のビジネスモデルをテストできるというメリットがあります。

顧客の情報が既にあるのも大きなメリットで、その顧客が購入しそうな商品やサービスを揃えておくこともできます。
またアンケートや感想を直接聞くことで、改善につなげることができるかもしれません。

4.家族などの了承を得ていること

起業することによって接する時間も短くなり、収入面でも不安定になりがちなので直接影響を受けるのは家族も同じです。
必ず起業前に了承を得て、心配を払拭できるまで事業と今後を説明し、できれば多少協力してもらえる状態まで持っていければ尚いいです。

5.情熱と健康な体があること

最重要な資本は事業の舵を切るあなた自身です。
サラリーマン時代は風邪をひいて会社を休んでも誰かがフォローして有給で給料に影響がなくても
起業時にはそうはいきません。
あなたが休んだ分はあなた自身が埋める必要があります。
サラリーマン以上に、起業家は体が資本なのです。

また前回マインドセットの話をしましたが、どんな逆風が吹いてもやる気の炎が消えないように自分をコントロールする能力が問われます。